ゲームを売るならおすすめ店はどこ?

買取価格と口コミ調査で損しない!

高価買取が期待できるゲームソフトの特徴は?

買取店で高値で売れやすいソフトにはどのような特徴があるのかまとめました。
思い当たるゲームソフトがあった場合には、早めに売却して高価買取を狙いましょう。

高く売れるゲームソフトの特徴4つ!

発売されたばかりの新作ソフト

ゲーム以外の商品にも言えることですが、発売してから日が浅い物ほど買取では高値で売れます。

新作のゲームが気になってはいるものの、様子見をしている人や新品で買うお金がない人は、中古で購入することが多いので、中古市場でも新作ゲームの需要は大きいです。

また、新作ゲームはTVCMに加え、ゲーム雑誌など様々なメディアで紹介されて注目を集めているので、人気も高まり、中古でも高値で売れやすい傾向にあります。

中古ショップでも定価と大差ない価格で新作ソフトを売っている所も多く、売値が高い分買取価格も通常より高くなります。

しかし、新作ソフトは当然時間が経つにつれ需要も買取価格も下がるので、高価買取を狙うならできるだけ早く売る必要があります。

ゲームの評判が良ければ、時間が経ってもそれなりの価格で売れる可能性はありますが、低評価をされたソフトは値崩れしやすく、発売されて数ヶ月後に売りに行ったのにほとんど値段がつかない、なんてこともあります。

高値で売る為にも、一度クリアしたらもうプレイしない、予約して買ったけど面白くなかった、といった新作ゲームは早めに買取に出すことをおすすめします。

人気の高いゲームソフト

プレイヤーからの評価が高い人気作品は、発売から数年経っても高値で売れる傾向があります。

『カービィのエアライド(2003年発売)』『ペーパーマリオRPG(2004年発売)』『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡(2005年発売)』など、発売が10年以上前でも高値で取引されている作品もあります。

任天堂Wiiの『ゼノブレイド』や『大乱闘須磨アッシュブラザーズDX』は、人気が高く3DSソフトとしてリメイクされているにも関わらず、未だに中古市場での人気は衰えていません。

このように、人気・評価が高ければ古いソフトでも高く売れることはありますが、人気タイトルなら全て高値で買い取って貰えるわけではありません。

『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』は、かなりの人気シリーズですが、発売日から日が経つにつれ買取価格は安くなってしまいます。

たとえ人気タイトルでもシリーズの作品全てが高値で売れるわけではないので注意しましょう。

プレミアがついているソフト

古いゲームの中には、そもそもの生産本数が少ない、発売されてからすぐに廃盤になったなどの理由でプレミアがついているソフトがあります。

プレミアソフトは市場に出回っている数が少ないので、中古品でも非常に高値で売れる傾向があります。

PSの『夕闇通り探検隊』『バーガーバーガー』、PS2の『真・女神転生Ⅲ- NOCTURNE マニアクス』、GBAの『メダロット 弐CORE』、Wiiの『イケニエノヨル』など、プレミア価格で取引されているゲームソフトの年代、種類は様々です。

プレミアがついているゲームソフトは、たとえ状態が悪くても高値で売れることが多いので、所持している場合には買取に出す価値が十分にあります。

また、気づいていないだけで自分の持っているソフトの中にプレミア物が混ざっている可能性もあるのでチェックしてみるのも良いでしょう。

綺麗な状態のソフト

査定する時に一番最初に目が付くのがやはり見た目です。

見るからにパッケージや説明書がボロボロの物は、減額の対象になってしまいます。

特にディスクに傷が付き、ゲームがプレイできない状態になってしまうと買取拒否されてしまうので要注意です。

なるべく高く買い取って貰うためにも、ゲームは綺麗な状態にして買取に出すようにしましょう。

説明書の破れやケースの傷はどうにもなりませんが、ケースの汚れを綺麗に拭き取るだけでも見た目の印象は変わります。

買取に出す前にケースやディスクを綺麗にしておくことで査定額が上がる可能性があります。

ゲームは新品の状態に近い程価値が上がるので、新しい物を購入した時は丁寧な扱いを心がけましょう。

また、予約特典や付属品なども大切に保管することで、いざ不要になって買取に出した時にも高値で売れやすくなります。

PAGE TOP